ご自宅でのジェルオフ方法


ご自宅でのジェルオフ方法をご紹介します。


【用意するもの】

左からアセトン・アルミホイル・コットン・ウッドスティック(割り箸などでも可能)・粗めのやすり・エメリーボード(長さを整える用)・スポンジファイル(無くても良いです)

※アルミホイルとコットンは適当なカットしておいてください。



①オフ前の状態です。


②粗めのやすりで表面を削っていきます。ストーンなどが付いている場合は少しずつで良いです。




③カラージェルが部分的に残る程度で構いません。ここで削りすぎると自爪まで削ってしまいます。


④コットンにアセトンを染み込ませて、アルミホイルで巻きます。出来るだけ隙間がないようにしっかり巻いてください。


⑤15〜20分、時間を置きます。タオルなどを被せ温めると、アセトンの浸透率がアップします。


⑥アルミを外し、ウッドスティックを使い柔らかくなったジェルを落としていきます。この時に無理に落とそうとせず、落ちない時はもう一度アルミを巻いてください。


⑦ジェルがオフできた状態です。表面にやすりは使用していません。

白くなっている部分はアセトンによる乾燥ですので、問題ありません。


⑧表面がガサガサしていたり気になる方は、スポンジファイルで軽く磨いてください。

※この時に粗めのファイルは使用しないでください。


⑨長さがあると危険なので、長さは短めに整えます。出来るだけやすりを使用してください。爪切りは二枚爪の原因となります。


⑩最後に必ずオイルで保湿をしてください。乾燥したままの爪は割れやすくなっています。保護としてマニキュアのトップコートを塗っておくのも良いです。



ご自身でのジェルオフはサロンより時間がかかるかと思います。焦らずゆっくりやってみてください。


インスタグラムでもご紹介しています!

分からないことや、気になることがあればお気軽にご質問ください。

Asami>>(文 : ネイリストAsami)



0回の閲覧
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。